遺跡

【経験者は語る】部活をやめたい!円満に部活を辞めるポイントと方法|大学の部活は簡単に辞められるし辞めた方が良い理由

  • 部活が思ったよりも楽しくない
  • 部活内の人間関係が自分に合わない
  • やりたいことができた

上記のような様々な理由で、「部活を辞めたい」という大学生も多いのではないでしょうか。

僕もその一人で、実際に部活を辞めて今は好きなことをしています。(単位はちゃんととってます笑)

引き止められて気持ちが揺るぎそうな人に

思いつきで退部するという人は少数派(というかほとんどいない)ので、「退部する」という決断を下すまでに時間をかけています。

急に「退部します」と伝えられた人はそのことについてほとんど何も考えていませんよね。

あなたは引き止めている人の何倍もの時間をかけて考えてきたんだから自分の決断に自信を持ってください。

大学というのは高校の時よりも人間関係が希薄なんです。

部活をやめたくらいじゃ何にも思いませんし、部活やサークル自体入部する人もいれば退部していく人もいる。

そんな構造なんです。

あまり深く考えるな!!

連絡方法なんて気にしなくて良い。どうでもいいんです。

退部という決断したならあとは退部連絡という行動をするだけです。

連絡方法でいちゃもんつけてくる奴なんかほかっておきましょう。それに案外誰も何とも思っていないので気にしなくても大丈夫です。

実際、僕は部活をやめましたが何も言われていませんしそのようなことを言われていると聞いたこともありません。元部活の人とも会ったら普通に話しています。

退部すべきか迷っている人へ

部活をやめるのに必要なことってなんだと思いますか?

決意・行動

この2つだけ持っていれば部活なんて簡単にやめられます。

それはわかっているんだけどなかなか踏み出せない人が多くいるのも事実です。

僕自身もそうでした。1か月半も悩んで行動することができませんでした。

なぜ退部に踏み切れずにずっと悩んでいる人が多いのでしょうか。

部活の友達と仲が良いからという人が多いと思います。

部活やめたら友達との関係が悪くなってしまう可能性を考えてしまうと思います。確かに、友達との仲が悪くなるのは大問題です。

そんな時はやめた人を見てみましょう。

自分が思っているよりも多くの人が部活をやめていると思います。

でも、実際やめたからといって話す友達がいなくなっちゃって元気がなくなった人って少ないんです。

事実僕が高校生の時に部活をやめた人たちは部活をやめる前に比べてやめた後の方がいきいきと生活していましたし、僕も部活をやめた後の方が元気があって楽しい生活を過ごしています。

要するに

部活をやめた方が元気が出る!

ということです。

部活という悩みの原因から解放されて自分の好きなことができるんですから当たり前と言えば当たり前ですよね。

学生のうちはやりたいことやっておかないと!

決めるのは自分自身です。行動するかしないかはあなた次第ですよ。

部活を辞める理由とは

  • 時間とお金が消費される割に得られるものが少ないから
  • 新しいことに挑戦したいから

僕が部活をやめた理由はこちらです。

僕は入学当初モノづくり系の部活に入部しました。

なぜはいったのかというと「和気あいあいとしてて楽しそうだから」「友達も入部するから」という非常にあさはかな理由でした。

そもそもそんな理由で入ってしまったのが間違いかもしれませんが、入ってしまったものはしょうがありません。

いままで約半年間活動してきました。

その中で部活よりもやりたいって思うようなことを見つけてしまいました。

それがブログです。

また、最近の僕はバイトやカメラ、バイクを始めようとしていました。

そこで問題になってくるのが時間不足です。

部活での仕事量は増え、プライベートでもやりたいことが増えていきました。

僕の容量を超えてしまったのです。

部活を辞めよう

この時に部活をやめると決心しました。

退部までに考えたこと

本当に部活をやめて良いのかと考えるのにどれくらいの期間を費やしたと思いますか?

1か月半です。

僕は思い付きなんかで行動できないので考えて考えて考えまくったのです。

具体的には以下のことを考えました。

  • 入部した理由を振り返る&今はどうなのか。
  • 自分のやりたいことと部活の両立は不可能か。
  • 一番迷惑の掛からない退部時期はいつか。
  • 今やりたいことはこれからもやりたいことなのか。
  • 部活をやめた後について。

これらはどれもとても大切なことです。

順に説明していきます。

入部した理由を振り返る

入部したからには理由があります。

それを思い出してみました。

その頃の自分と今の自分を照らし合わせ本当に部活をやめたいのか自分に問いかけました。

僕は「和気あいあいとしてて楽しそうだから」「友達も入部するから」という理由で入部しました。

でも今は部活外でも友達はいるし、和気あいあいとすることは部活外でもできることだなと思います。

第一関門クリア!!

といった感じに先ほどの項目を一つずつチェックしていきます。

両立は無理なのか

やりたいことを両立させるもの社会人には必須のスキルです。

そこで、部活とやりたいことの両立は無理なのか確かめましょう。

僕の部活の場合、忙しい時期は毎日夜遅くまで作業することもあるらしいので両立は厳しいかなと思いました。

自分が辞めた後部活に迷惑が掛からない(迷惑が掛からない時期はいつか)

部活にいていじめられたとかパワハラを受けたなど嫌な思いを受けたことはなく、むしろ楽しかったのでなるべく迷惑をかけないようにしようと思いました。

そこで僕は区切りの良いところでやめると決めています。

ただし、、思い切ってやめてみるのもありかもしれませんし、いじめを受けていた場合などはすぐにやめた方が良いです。

今やりたいことは本当にやりたいことなのか

今やりたいと思っていてもそれが一過性のものだったら意味がありません。

マイブームが過ぎ去ったらやることがなくなってしまいます。

それは堕落した生活の始まりです。

自分を高めるために辞めたはずなのに堕落してしまってはおしまいです。

今やりたいことのために退部するのではなく、せめて学生の間続けられることのために退部しましょう。

もちろん留学のためなど短期間しか行かないけど、部活を辞める必要があるといった場合はまた別です。

自己向上のためにはどんどん行動していくべきです。

社会人になったら自分のために使える時間は少なくなります。

学生の間に自分の価値を高められる行動のために辞めるのが理想ですね。

退部したあとについて

先ほどの話に被る部分もありますが改めて書きます。

部活は規則正しい生活を送るのに役立っている場合があります。

そのために部活をやめた途端私生活が乱れてしまい引きこもりになって結局やりたいことをやれないなんて自体になってしまうかもしれません。

まずはそのようなことになる可能性があることを自覚し、気を付けて生活していきましょう。

自律した生活をしましょう。

フリーになったあとは自分で自分の生活を律していかなくてはありません。