ガジェット

【使用レビュー】生協PC”Let’s Note”を5か月使ってみた!

今回は大学入学と一緒に購入したpanasonic”let’s note”のレビューをしていきます。

もう5か月も経つんですね。。。時間が過ぎるのは早いもんです。

 

さて、僕が大学生協で購入した生協PCはレッツノートCF-SZ6です。

ぶっちゃけどうなの?

レッツノートを使っていてぶっちゃけ…

”めっちゃ普通”

はい、レビューになりません。。。

使いやすいですよ。普通に、うん(笑)

 

さて、そんな普通のノートパソコンのレッツノートでも

「この機能いいなー」

「なんでこんな仕様にしたんや、これ」

という部分があったので紹介します。

良かったところ

まずは1つ目!

レッツノートのキーボードは打ちやすい!!!

いきなり個人差の強いものをメリットとして挙げてしまいました(笑)

でも、1番にあげるくらい僕にとっては打ちやすかったです。

打鍵感がしっかりあって「キーボードをたたいてるぞ」って感じのキーボードです。

といっても重くはなく軽く打てるキーボードなので長時間レポートを書いていても指が疲れることはありません。

「癖になる」キーボードです。(語彙力

 

続いて2つ目!!

トラックパッドのくるくる回すやつが意外と便利

再び語彙力w

調べたところホイールパッド機能というやつらしいです。

このホイールパッド機能というのは円形のトラックパッド(ホイールパッド)の周囲をなぞることで画面を上下左右にスクロールできる機能のことです。

 

さらに3つ目!!!

バッテリーを80%充電で保ってくれる機能が良い

これはエコノミーモードというらしく、満充電してバッテリーが弱るのを防ぐための機能です。

僕は家で電源に接続しながら使うことが多いのでとても便利な機能だと思います。

 

そして4つ目!!!!

軽い

軽いです。はい(笑)

めっちゃ軽いというわけではありませんが、普通に軽いです。

1日中リュックに入れて持ち運んだこともあります。

 

5つ目に!!!!!

端子類が豊富

基本何でもあるんじゃないでしょうか。

LAN端子・D-Sub・USB×3・HDMI・SDカードスロット・光学ドライブ・イヤホンジャック

これだけそろっています。

残念ながらUSB-typeCは搭載されていませんが、それ以外はすべてあるといった感じです。

個人的には充電をUSB‐typeCでできるようにしてもらいたかったです。

 

最後に6つ目!!!!!!

頑丈・壊れにくい

このレッツノートとても頑丈という噂です。(踏んでも壊れないという噂も…笑

噂だけじゃなくてちゃんと頑丈ですよ!!

 

良いところはこんな感じでしょうか。

思ったよりも普通じゃありませんね(笑)

 

panasonicを代表するパソコンということで便利に作りこまれています。

悪いところ

まずは1つ目!

トラックパッドが小さい

ホイールパッドを搭載しているため、トラックパッドが円形になっています。

それに加え一般的なトラックパッドよりも1周り小さいため、画面の端から端まで移動するのに苦労します。

 

小さい円形というのは、ホイールパッドを使う分にはとても便利ですが、かえってそれが仇となっている気がします。

 

続いて2つ目!!

分厚い

結構分厚いです。

軽いわりに分厚いです。

これは光学ドライブを搭載しているということや頑丈に作られているということもあり分厚いんだと思います。

 

デメリットというのはこのくらいでしょうか。

まとめると…

最後に動作について書きたいと思います。

まず、重いソフトを動かさない限り固まることはありませんでした。

普通にネットサーフィンをしたり、レポートを書いたりするのはなんの支障もなく動きます。

 

問題は重いソフトを使ったときです。

僕の場合CADを使ったときにたまに固まってしまうという状況に陥りました。

そもそもCADはノートパソコンで動かすものではないのかもしれませんが、理系大学生に売るものならばもう少しスペックアップしても良かったのかなと思います。

 

良いところと悪いところをまとめると、、、、、

レッツノートは良いPCだがわざわざそれを選ぶかって言ったらそうでもないかなと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です