ぼやき(メインの雑記)

なぜ人は固定観念を持っているのか|先入観を捨てるために

「日本人」と聞いてイメージするものは何ですか?

 

日本人は几帳面で真面目だけどシャイな民族だなぁ

と考える人は多いのではないでしょうか。

僕もその一人です。

これは一種の固定観念(ステレオタイプ)であると言えます。

 

人はだれしも固定観念というものを持っています。

そして、その固定観念はメリットもデメリットも両方持っています。

 

では固定観念とは何か、デメリットにはどう対処すればいいのか見ていきましょう。

固定観念(ステレオタイプ)とは

固定観念とは人々を分けるカテゴリーに結びついており、そのカテゴリーに含まれる人が共通して持っていると信じられている特徴のことです。

 

「理系男子」というカテゴリーの固定観念は「オタク」「恋愛下手」「計算速い」「パソコンできる」などというものがあります。

しかし、これらのことは理系男子全員に当てはまるといえるのでしょうか?

答えは否

理系男子でもオタクでもなければ彼女もいて、計算が苦手で機械音痴なんて人もいるでしょう。

木の下で散歩する二人
理系男子大学生に彼女ができない理由ってなんだ?!理系男子って良く「彼女できない」ってバカにされますよね...。 その通りです。 「大学別彼氏にしたくないランキング」...

 

このように固定観念とはあくまで信じられているものであってそのカテゴリーの人すべてに当てはまるわけではありません。

 

 

また、固定観念と聞くとネガティブなことばかり連想しがちですが、ポジティブな固定観念も存在します。

固定観念とはポジティブなこともネガティブなこともあるのです。

冒頭の「日本人」の例で言うならば、「几帳面で真面目」というのがポジティブで、「シャイ」というのがネガティブな部分でしょうか。

固定観念はなぜ存在するのか

人のことを決めつけて気にくわないし、なんで固定観念があるんだと思いますよね。

集団の一部だけ見てその中の全員のイメージを決めるなと

 

でも、固定観念はきちんと意味があるから存在しているのです。

では、なぜ人間の進化の過程で固定観念が身についたのか

思考を節約するため

人間は「思考を節約するため」に固定観念を身に着けたのです。

 

現代の人間社会は情報化社会と言われているように、私たちは常に膨大な量の情報にさらされながら生きています。

多忙な生活を送っている現代では人々が親しく知り合うだけの機会も時間もありません。

そこで相手がどのような人かをすばやく判断する際の手掛かりとして登場したのが「固定観念」です。

 

すべてのものを類型(タイプ)・一般性としてとらえてしまえば、ひとつひとつ考慮する「努力」を節約することができる

 

固定観念はこの考えのもとで生まれ運用されています。

つまり、固定観念とは相手のためではなく自分が楽に情報を処理するために行われるのです。

 

私たちの処理能力は無限大ではありません。

有限な処理能力を有効に使うためにも、脳の節約が必要なんですね。

それを人は無意識に行っている。

 

これが固定観念が起こる原因です。

固定観念のメリット

  • 他のことを考える余裕が生まれる
  • 頭の中で情報がわかりやすく整理できる
  • 短時間で大量の情報が処理できる

 

固定観念のメリットはこれだけあります。

固定観念がなければ私たちは「素早い判断」なんてできませんし、日常生活での情報ですら処理しきれないでしょう。

人間にとって固定観念とは必要不可欠なものですね。

これらのメリットは固定観念が生まれた理由でもあるのでこちらの記事も参考にしてみてください!

固定観念のデメリット

  • 情報処理が雑になる
  • グループ内での違いが無視される(多様性が無視)
  • 集団間の違いが強調される
  • シングルストーリーの危険

 

固定観念のデメリットはこんな感じですね。

まずはグループ全体のイメージがグループ全員のイメージとなるのでグループ内での個性が無視されてしまいます。

例えば、A大学の1人が問題を起こすとA大学に所属している大学生全員が問題があるみたいに思われるという感じですね。

 

集団内での個性が無視されることによって集団間での違いが強調されることになってしまいます。

これも個性が認められなくなってしまいそうですね。

 

 

最後にシングルストーリーについてです。

シングルストーリーとは、自分が育った環境が万国共通だと思い込んで、自分も親と同じ道を進んでしまうことです。

これにより何が起きるかというと貧富の格差が永遠に拡大し続けます。

例えば、今アフリカで育っている人の中にはに欧米の先進国の生活ぶりなんて知らないし、想像もできない人がいると思います。

そのため、そのような人は欧米の先進国のような生活を送りたいとも思わないしこれからも自分の今までの生活を続けて当たり前だと思っています。

 

逆に欧米の先進国の人々は明日食べるものに困っているような人の生活の現実なんて知らないし、知ろうとする人も少ないです。

彼らもまた今の生活が当たり前だと思っているのです。

 

このようなことは大変危険です。

今、たくさんの情報が手に入れられる日本でも数多くのシングルストーリーに陥っている人がたくさん存在します。

シングルストーリーにならないために自分自身で生活を変えられる可能性も高いですが、周りの環境にも依存します。

小さいころにどんな親に育てられたかというのが一番大きな要因だと思います。

親が自分の価値観を押し付けたり、いろんな道があることを示さなかったりすると子供の多くは親の価値観を引き継ぎ親と同じような人生を送っていくのです。

一つの価値観を押し付けることは大変危険なのです。

 

これは日本の教育制度にも原因があると思います。

日本の教育制度は親が子供に教育を受けさせるのが前提となっています。

しかし、本来は子供の可能性を最大限に引き出すためにどの子にも同じような教育を受けさせるべきですし子供のうちにいろんな価値観に触れさせ、いろんな生き方があるんだよっていうことをしめしてほしいと思います。

固定観念を捨てるためには

固定観念のデメリットは大きいですが、完全には捨てることができません。

では、固定観念のデメリットにより失敗しないためにどのようなことをすればよいのでしょうか。

  • 疑う・考える
  • 客観的に
  • たくさんの情報を
  • 決めつけない

あえて言葉にするとしたらこのようなことをすればよいのではないでしょうか。

 

何事も疑ってかかるのは疲れます。

しかし、本当に自分の判断はあっているのかと一度考えることによって自分の考えの過ちに気づくかもしれない。

思い込みで行動しないようにしっかりと自分を見つめなおすためにも疑ってかかった方が良いでしょう。

 

たくさんの情報に接することにより自分自身の考え方が一般的なものなのかどうかをチェックすることができます。

しかし、自分自身の考え方と似た情報ばかり接していても意味がありません。

幅広くどんな情報でも受け入れる姿勢が大切ですね。

 

「決めつけ」というのはもっともやりがちな行為ですが、もっともやってはいけない行為です。

特に親が子供に対する決めつけを行うと、子供からの信用を失い、子供の人生そのものにも影響を与えます。

人間関係を壊さないためにも「どーせできない」のような決めつけはするべきではありません。

まとめ

固定観念とはどのようなものか知らないととても危険です。

自分が損をするばかりか相手を傷つけてしまう可能性もあります。

 

そうならないように一人でも多くの人が固定観念を理解し、身の回りの環境をより良くしていけることを願っています。

 

今回はおわり!またねっ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です